妊娠線と体重の関係とは?

妊娠線と体重の関係とは?


妊娠線と体重の関係とは?

妊娠線と体重の関係ですが、妊娠中に体重が急激に増えることで、妊娠線ができてしまいます。

妊娠中、妊娠初期直後くらいからつわりって終わりを迎える人が多いんです。

つわりが終わると、食欲が旺盛になることがあります。

それにより、体重が急激に増えてしまうことがよくあるんです。

そうすると、太る訳ですから、皮膚がどうしても伸びてしまいます。

皮膚が急激に伸びると、亀裂が入ってしまうことがあるんです。

これが妊娠線です。

だから、急激な体重の増加には気を付けなければいけません。

妊娠中って、妊娠後期になるとお腹が急激に大きくなり始めます。

これは赤ちゃんの成長ですので仕方がありませんが、この時も妊娠線ができやすくなるのです。

妊娠線はしっかりと保湿することで予防することができます。

ですから、妊娠初期からしっかりと保湿するようにしましょう。

そして、食べ過ぎによって急激に太らないよう、気を付けましょう。

そうすれば、妊娠線は防ぐことができます。


TOP PAGE