入院中にほかの出産の人の声を聴いて恐怖感が高まった

入院中にほかの出産の人の声を聴いて恐怖感が高まった


入院中にほかの出産の人の声を聴いて恐怖感が高まった

私は、自宅で高位破水をして入院をしました。

それから陣痛が来るのを乗っていましたが、陣痛がなかなかやってきません。

結局帝王切開が決まるまでの2日間を病院で過ごしました。

破水をしているからあまり動けなかったものの、体は痛みもなく元気だったので、神経もさえていました。

この2日間でとても気になったのが、ほかの出産をしている方の声です。

個人病院で、分娩室から離れていたのですが、看護師さんが多分分娩室のドアを開けたときなんかに声が漏れてくるのです。

あの声を聞くと痛いんだろうなとか、辛いんだろうなと思い、私もつらかったし、何よりも自分のあの痛みを経験することになるんだという恐怖感でいっぱいになりました。

声がよく聞こえた次に日には、みんなが昨日のお産は大変そうだったねとか話をしていました。

幸いにも私は帝王切開になり陣痛の痛みを経験することがなく初めての出産は終わりました。

ある意味ホットしています。

なぜなら私には痛みに耐える自信がないからです。

でも次に出産するときは、声とか聞こえない病院がいいなと思います。


TOP PAGE