食材の見分け方について

食材の見分け方について


食材の見分け方について

妊娠しやすい体になるには、毎日口に入れる食品にも気を付けなければいけません。

これから妊娠しやすい体になるための食品の選び方を紹介します。

まず体を冷やす事は妊娠の大敵ですので、体を温める食材を選ばなければいけません。

玉ねぎ、人参、ごぼうなど地面の中で育つ野菜が体を温める効果があります。

逆にトマトやナスなどの地上で育つ野菜は体を冷やします。

「秋茄子は嫁に食わすな」という言葉が昔からありますが、あれは意地悪の意味ではなく、「体を冷やさないように」という姑の心遣いを表している言葉です。

次に色による見分け方ですが、赤、オレンジ、黒色をした食材は体を温める効果があります。

具体的には魚の赤身、りんご、紅茶などです。

逆に青、緑、白色の食材は体を冷やす効果があります。

具体的には生野菜、スイカ、砂糖、水です。

最後に調理方法ですが、当然ながら生で食べるより加熱したほうが体が温まります。

人間の栄養は食材から吸収されますが、食材選びを工夫することでより妊娠の確率を高めることができます。


TOP PAGE